HOME > What's mining

マイニングとは

一部の仮想通貨では仮想通貨の取引データに不正がない事を承認し、台帳(ブロックチェーン)に記録するために、仮想通貨ネットワークの参加者によって「マイニング」という行為が行われます。
 これは英語で鉱石などの「採掘」を意味する単語ですが、実際にランダムな「数値」を使って膨大な回数の計算を試行して、答がある条件に合致する「数値」を「採掘」します。
この行為はネットワークの参加者なら誰でも行なえ「マイニング」により最初にその「数値」を採掘」できた参加者には、
  - その取引に含まれる送金手数料
 - 仮想通貨システムによって新たに発行される通貨の報酬が与えられます。
 つまりマイニングによる報酬とは、この膨大な計算に費された労力(電力)への対価と言えるわけです。
ブロックチェーンの不正防止の仕組みもこの「マイニング」の困難さが柱になっています。

 
 
 

ブロックチェーンとは

 ここではブロックチェーンの大きな特徴の1つ、「対改ざん性」についてビットコインのネットワークを例に説明します。
 
仮想通貨の取引データはブロックチェーンといわれる台帳に記録されていきます。ブロックチェーンはその名前の通り、複数の取引をまとめたブロックを繋ぎあわせる様に記録されていく構造になっています。このうち、複数の取引をまとめてブロックを生成する工程がマイニングといわれるものです。
 生成されるブロックの中には、1つ前のブロックのマイニング時に計算された答が含まれており、これによりブロック同士に一連の繋りが生まれます。

 
アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は、
世界に2000種類以上あるともいわれています。

仮想通貨とは

実態のない通貨

仮想通貨とは、紙幣や硬貨のような実態がなく、インターネット上の電子データとして存在する財産的な価値のことです。
国が発行し価値を保証する通貨を「法定通貨」といいますが、仮想通貨にはその価値の裏付けとなる 保証はありません。 しかし、逆にいえばその国の政情不安になどによる価値の下落リスクがないとも言え 実際に一部の国では法定通貨よりも仮想通貨の信頼性が高まっています。
日本では2017年4月から「資金決済に関する法律」で仮想通貨の法的な位置付けが規定されており順次、仮想通貨に関する制度整備が進められています。また、法律上の呼称は今後「暗号資産」に変更される予定です。

安全性

仮想通貨には中央銀行や政府といった管理主体が存在しません。その全ての取引データは 複製されインターネット上の不特定多数のコンピューターに保存されており、持ち主であれば、いつでも使用する事が出来ます。
 
参加者は「ウォレット」といわれる暗号化された仮想的な財布を使って自分の資産を管理します。この「ウォレット」には数学的に解読の難しさが証明された強度な 暗号が使用されているため、悪意のある人や団体が他人の資産を不正利用する事は非常に困難になっています。

この特徴はブロックチェーンといわれる分散型台帳技術によって支えられており、国や企業といった特定の管理者に依存せずに、不正を防止したり、確実な取引が行なえる仕組みを持っています。
また、地理的に離れた場所にデータが複製される事により、自然災害や戦争などの突発的な事故に 強い性質を持っており、ブロックチェーン技術自体にもその将来性に期待が持たれています。
 

利便性

仮想通貨には中央銀行や政府といった管理主体が存在しません。その全ての取引データは 複製されインターネット上の不特定多数のコンピューターに保存されており、持ち主であれば、いつでも使用する事が出来ます。
 
 参加者は「ウォレット」といわれる暗号化された仮想的な財布を
使って自分の資産を管理します。この「ウォレット」には数学的に解読の難しさが証明された強度な 暗号が使用されているため、悪意のある人や団体が他人の資産を不正利用する事は非常に困難になっています。
この特徴はブロックチェーンといわれる分散型台帳技術によって支えられており、国や企業といった特定の管理者に依存せずに、不正を防止したり、確実な取引が行なえる仕組みを持っています。
 
また、地理的に離れた場所にデータが複製される事により、自然災害や戦争などの突発的な事故に 強い性質を持っており、ブロックチェーン技術自体にもその将来性に期待が持たれています。